かぼちゃのココナッツミルクポタージュのレシピ(ヴィーガン)

かぼちゃのココナッツミルクポタージュ
寒いので、ポタージュが作りたくなって作りました。かぼちゃは時期じゃないけど、ポタージュと言ったら、かぼちゃがいいな〜と思ってスーパーに買いに行きました。

ちょい高だったけど、びっくりするほど美味しいかぼちゃでした。鹿児島県産でした:)

 

クミンの香りがとても良いプラントベースのポタージュです〜。

 

材料

南瓜                                      皮無しで80gくらい
玉ねぎ                                                            1/4
ココナッツミルク                                      200cc
水                                                                 50cc
野菜出汁またはベジブロス                          適量
ニュートリショナルイースト(あれば)   大さじ1
塩                                                        小さじ1/2
クミンシード                                      大さじ1/2
オリーブオイル                                      大さじ1

 

作り方

①かぼちゃを小さめに切って、耐熱容器に入れ、蓋をして電子レンジで3分くらい加熱する。柔らかくなればOK。皮を取る。


②お鍋を弱火で温めて、オリーブとクミンシードを入れる。


③香りがたってきたら、みじん切りにした玉ねぎを入れて弱火で10分くらい炒める。

 

④南瓜とココナッツミルク、水、野菜出汁、ニュートリショナルイースト、塩を入れ、沸騰するまで温める。


⑤バーミックスで滑らかにする。

 

⑥器に注いで出来上がり。

 

美味しいかぼちゃで作ったらもちろん美味しいですが、水っぽさのあるかぼちゃでも、このポタージュにすると割と美味しく食べられました\(^^)/

かぼちゃの皮は勿体ないので、小さく切ってサラダにトッピングして食べました。

 

野菜出汁ですが、私は茅乃舎のものを使っています↓

 

パックになっていますが、中身は粉末状の乾燥お野菜たちですので、いつもパックを破って中身を出して料理に混ぜています。スープだけではなく、炒めもの、煮物などにも使えます。めちゃ美味しいので、心の底からおすすめ。

 

余談ですが、かぼちゃのポタージュのレシピを書くにあたり、「ポタージュ」の定義って何なんだろう?という疑問が湧いてきました。

調べて見たところ、ポタージュ(potage)はフランス語らしく、フランス料理のスープの総称だそうです。

日本では、ミキサーなどで具を滑らかにした、とろみのある濁りスープをポタージュと呼びますが、フランスでは、サラサラだろうとトロトロだろうと鍋で煮込んだスープは全部ポタージュらしいです。

何で日本では、とろとろのスープだけをポタージュと呼ぶようになったんだろう…(調べたけどよくわからなかった)

参考:ポタージュとは?スープとの違い知っていますか? | DELISH KITCHEN、広辞苑