フィリピン料理 シニガンを梅干しで作ってみたら美味かったのでレシピを書きました

Magandang hapon po! はるなです。

 

今回は、フィリピン料理、シニガン(sinigang)のレシピをご紹介します。

シニガンは、フィリピンの酸っぱいスープ。私の大好物です。中には、茄子や玉ねぎ、トマトなど様々な野菜とお魚またはお肉が入っていてます。一般的に、味付けにはシニガンミックスか、タマリンド(甘酸っぱ辛い果実)などが使われます。

が、これらの食材は日本のスーパーではなかなか見つかりません。。

でも、シニガンを作りたい!食べたい!

ということで、日本の一般的なスーパーにある食材だけを使って、シニガンを作ってみました!今回作ったレシピでは、シニガンミックスもタマリンドも使いません。

使うのはなんと、、、

梅干しです!!!

梅干しを使うと良いと、教えてくれたのは母。昔友達から教えてもらったのだそうです。えー梅干し!?と思いましたが、物は試し。自分なりに調味料を足したりして作ってみたら思っていた以上に美味しくできました。自画自賛。

シニガン


所要時間:30分くらい

材料(2人分)

  • アトランティックサーモン 2切れ
  • 海老 4尾
  • 生姜 1片
  • ニンニク 2片
  • 玉ねぎ 1/2個
  • トマト 1/2個
  • 大根 適量
  • 茄子 適量
  • チンゲン菜(小松菜、空芯菜などでも) 適量
  • 梅干し(塩だけで漬けてある酸っぱ〜〜いやつがおすすめ) 2~3個
  • ナンプラー 小さじ1~2
  • トウバンジャン 小さじ1/2
  • レモン汁 小さじ1~2
  • 赤唐辛子 1/2~1本
  • 水 400cc
  • 油 適量

 

作り方

①ニンニクと生姜を荒みじん切りにする。
玉ねぎをくし切りにする。
サーモンを4等分くらい(食べやすい大きさ)に切る。

②トマト、茄子、大根、チンゲン菜を食べやすい適当な大きさに切る。

③鍋に油を入れて中火で熱する。温まったら、ニンニクと生姜と玉ねぎを入れて軽く炒める。

④ニンニクの香りがしてきたら鮭を入れる。両面に焼き色が付くまで焼く。

⑤水を入れ、トマト、大根、茄子、海老も入れて、沸騰させる。

⑥野菜に火が通ったら、梅干しとナンプラー、トウバンジャン、赤唐辛子、レモン汁を加える。梅干しは崩してスープに馴染ませる。 

⑦チンゲン菜を入れて、チンゲン菜がしんなりしたら出来上がり!

ごはんと一緒にどうぞ。

ごはんとシニガン

やー、梅干しでシニガン出来ちゃうなんて感動ですね。しかも簡単!めちゃ美味しい!!わーい!

フィリピンの本物のシニガンとは材料が違うので、やはり少し味も違いますが、かなり近い味に出来たと思います。シニガンの和風アレンジレシピとして、とっても美味しいです!

私はこの料理を「うめぼシニガン」と呼ぶことに決めました。

ちなみに、このレシピでは海老とサーモンを使っていますが、豚塊肉や白身魚などを入れても美味しくできます。おすすめは、魚介。また、オクラを入れるのも美味しいです。

 

思い出話ですが、フィリピンに留学していた頃、大学の授業の一環で貧困地域に住む家族のところでホームステイしたことがあります。ホストファミリーのお母さんは、英語を話すことができず、英語を話せるのは娘さんだけでした。私は、フィリピン語があまり話せなかったので、お母さんとはあまり直接コミュニケーションが取れなかったのですが、お母さんはわざわざ娘さんを通して、私に「好きなフィリピン料理は何?」と聞いてくれ、シニガンと答えたら、夕食にシニガンを作ってくれました。それがめちゃくちゃ嬉しくて、美味しくて最高でした。Maraming salamat poお母さん。

 

あとから知ったのですが、シニガンミックス、Amazonで売っていますね∑(゚д゚;)フィリピン食材のお店とかに行かないと手に入らないと思っていました。。

 

しかし!うめぼシニガンは、シニガンミックスに負けない美味しさです!!本当に美味しい。是非是非作ってみてください~。

 

それではまた!

Kita kits!